佐藤世那が戦力外通告!2軍成績やオリックスの年俸推移についても!

どうも管理人のたいがだ。

 

今回紹介する記事の内容は、2018年10月4日にオリックスバッファローズから戦力外通告を受けた佐藤世那選手について記事を書いていこうと思う。

 

プロ野球選手の多くが戦力外通告を受けている状況であり、ファンからは戸惑いの声が聞こえている状況になる。

 

この記事では一体どんな選手であったのか紹介していこうと思う!

 

スポンサードリンク

佐藤世那が戦力外通告!

 

上でも書いたがオリックスバファローズは、2019年の契約に関して佐藤世那選手との契約を結ばないと表明した。

 

 

プロに入ってから1度も1軍に昇格することなく、戦力外通告を受けることとなってしまった。

 

プロの厳しい洗礼を受けた形になった。

 

こればかりに関しては、実力世界となっているので試合で活躍出来なければ当然球団から要らないよと言われるのも仕方ないだろう。

 

今後の球団に関してはまだ決まっていないが、地元が宮城ということもあり東北楽天ゴールデンイーグルスに入団したいと本人がコメントしている。

 

では、戦力外通告を受けたことに関して、ネット上ではどの様な反応があったのか紹介していこうと思う!

 

ネット上の声

  • 野球を辞めてからの方が人生長い!
  • アーム式で活躍するプロ選手もいるし、結局はプロ入り前に肘に問題を抱えてたのがアウトだったのかもしれない。
  • 佐藤世那もプロでは芽が出なかったか。しかし、まだまだ若いのでまだチャンスはあるだろう。
  • プロの世界で一線で活躍し続けることの難しさを痛感します。

 

プロの洗礼を受けたことに対するコメントがとても多かった。

 

やはりプロ野球の第一線で活躍している選手がどれだけ凄いことをしているのか再認識させられる事柄となった。

 

では、次のテーマで2軍でどの様な成績を残していたのか紹介していこうと思う!

 

スポンサードリンク




 

2軍成績やオリックスの年俸推移についても!

 

では、早速2軍での成績について紹介していこうと思う!

 

2016年 防御率 5.37 12試合 4勝利 4敗北 35失点

2017年 防御率 5.00 12試合 2勝利 1敗北 27失点

2018年 防御率 4.15 8試合 2勝利 0敗北 6失点

 

うーん2軍でこの成績しか残せていないのであれば、確かに戦力外通告を受けても仕方がないと思う。

 

全然自分の力を発揮することが出来ていないのでは無いかと思う。

それ程、プロの世界が厳しいと言うことだろうか。

続いて、年俸推移について紹介していこうと思う!

 

年俸推移

2016年 500万

2017年 500万

2018年 520万

 

2016年にプロ野球選手となったが、ほとんど年俸が変わっていない。

2軍での成績を見ると年俸が全く上がらないのも納得だよな。

 

劇的に成績が上がっているならまだしも、3年間でほぼ同じ様な成績なので仮にもっと努力を積んでいればこの様な結果になっていなかったのかもしれない。

 

終わってしまったことを今更言っても仕方がないが、まだ現役を続けたいと思っているので次の球団へ行くことが出来たのであればこれまで以上に努力を重ねることしかない。

 

では、最後にプロ野球選手になるまでの経緯を紹介していこうと思う!

 

野球を始めたのは小学校2年生の時になる。

地元にあった、東北楽天ゴールデンイーグルスが運営している「楽天イーグルス ベースボールスクール」に入団したんだ。

 

小学校卒業後は、私立の中学校に進学しており秀光中等教育学校に在学していたんだ。

軟式野球部に所属していたそうだが、エース投手として活躍していたんだ。

 

高校は系列である仙台育英高校に進学。

2年目の秋に開催された明治神宮大会では、見事優勝を果たすことになる。

また、高校3年時には春と夏の甲子園で準優勝と輝かしい成績を残しているんだ。

 

甲子園で東北勢は優勝した経験がなく、東北勢初の優勝が懸かっていたが優勝をすることは出来なかった。

 

高校卒業後は、プロ入りを表明してドラフト会議ではオリックスバファローズから6位指名を受けて入団することになった。

 

契約金3000万円、年俸500万円であった。

 

プロに入るまでは野球の第一線で活躍していたことは間違いないだろう。

 

しかし、プロの世界では全く活躍することが出来なかった。

 

それだけ厳しい世界へと飛び込んだと言う事だろう。

 

また、これからの動向についても注目したいな。

 

【まとめ】

  • 佐藤世那選手が2018年に戦力外通告を受けることに。
  • 本人はまだ現役続行を希望しているのでこれからの動向に注目したい。

 

スポンサードリンク




 

【関連記事】

佐藤世那のサイドスローにフォーム変更した理由はなぜ?現在の球速も!

注目記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です